--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-18(Sun)

ガンダム00 セカンドシーズン ♯15 反抗の凱歌

 ティエリアが良すぎですね。刹那を心配したり、ミレイナに毛布かけたり、2期の彼は格好良すぎ・・・。ただ、そういうのは関係なく、Cパートのブシドー登場で話題は全部そっち持っていかれてしまうのでしょうね。

 マリナの歌が聞こえなければサーシェスを倒せていたのではと思ってしまいますね。刹那が気を取られている隙に上手く逃げ出したようにしか見えませんから。歌で存在感を見せたマリナ姫ですが、それが世界情勢にどう影響するのでしょうか?

 ダブルオーはカタロン支部に降り立ちます。すぐに彼だと気付いたのかマリナが駆け寄ります。これで迷子の刹那も何とか合流できそうですね。
 プトレマイオスもカタロンと合流するようですね。ティエリアはサラフィムを使ったことを誇らしげに語っていますし、刹那を信じている発言も出て、相変わらず1期とは別人ですね。

 セルゲイはまだハーキュリーと会談中です。クーデターの標的は軌道エレベータなのでしょうか。特番の情報がここでつながってくるのですね。ハーキュリーの言っていることは正論っぽいですけど、武力でそれをなそうとするのはやはりおかしいですね。カタロンにも彼らの手は伸びているようです。シーリスの不安な表情が気になりますね。

 アンドレイは相変わらずですね。ルイスに相手にされていません。コーラサワーがアドバイスしようとするのですが彼は無視します。久々の出番がこれですか・・・。
 ビリーも前線に出てきました。ソレスタルビーイングが滅びるところを見るためだそうです。クジョウに裏切られたと思っているのが原点でなければそれなりに熱い男に見えるのでしょうが、どうしても情けない男に見えてしまいます。
 あれ、カティとビリーって面識なかったの?

 刹那は過去の夢を見ています。かつての自分を止めようとしますが、結局は駄目でした。それよりもロックオンが出てきたのがいいですね。そんな彼に再び歌が聞こえてきます。
 目覚めた彼はすぐに動き出そうとしますが、マリナに止められます。子どもたちが気を使って2人の前から出ていくのがいいですね。あんまり艶っぽい感じではないのですけどね。ラブラブだからっていう子どもたちは少し先走りすぎ・・・かと思ったのですが、微妙にいい雰囲気ですね。

 カタロンのヨーロッパ支部で補給を受けてプトレマイオスはなんとか航行を続けています。疲れて眠るミネイナにティエリアが毛布をかけてあげるのがいいですね。2期の彼は凄すぎます。
 アロウズは総力戦で来るようですね。コーラサワーは母艦で待機のようです。カティが上手くごまかすのがいいですね。扱い上手すぎです。
 ロックオンのトランザムで先制攻撃して、アレルヤとティエリアにバトンタッチです。しかし、ヒリングにあっさり足止めされて抜かれてしまいます。トレミーに迫る機体にはかつてピーリスが乗っていたものも・・・。ルイスですね。

 刹那はようやくダブルオーライザーを発進させます。間に合うのでしょうか。これはまた駄目なのかと思えば、突然アロウズは撤退を開始します。軌道エレベーターが占拠されたということです。ソレスタルビーイングをオトリに使ったハーキュリーの作戦勝ちですね。

 トレミーへと急ぐ刹那はブシドーと遭遇します。ブシドーが奥義を見せるというと、彼の乗るマスラオが赤く輝き始めます。トランザムですね。ビリーは何気に凄いです。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アレルヤに見せ場を 幸福の反動00第15話

 新OP、賛否両論ですが自分は「賛」です。歌もアニメもそうそう悪くないと思うんですがね。あと、こういう話になると必ず出てくるのがギ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

沙華

Author:沙華
沙華と申します。

ここはつれづれの別館です。

本当は全然別のことをやりたかったのですが、移転候補先になったり、緊急避難所だったりして、いつの間にかうやむやに。

logといいながらほとんど放置で独自路線でやっています。

これってプロフィール欄ですね。なんだか違う使い方のような・・・。

ちなみに名前の由来は本館の何処かにあります。自分でも何処だったかよく分かりません。

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。