--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-14(Sat)

獣の奏者エリン 第10話 夜明けの鳥

 ヌックとモックがまた出てきたのには驚きました。結構重要なキャラなんでしょうか。新キャラも出てきましたし、そろそろお話が広がってきそうですね。


 街に出かけたエリンとジョウン。そこで彼らは吟遊楽団に出くわします。吟遊楽団の奏でている音楽がどことなくゲーム音楽っぽいのが気になりますね。ジョウンが凄いだろうというような感じでエリンを連れて行ったものの、彼女は彼らより道の端で竪琴を奏でている男の方が気になるようです。こういうところがエリンらしくていいですね。
 男の奏でている曲は夜明けの鳥という曲でした。彼と話をしようにもすぐに何処かへ行ってしまいました。

 ジョウンは吊るした柿を求めてユアンの店へやってきます。しかし、彼女は病気で息子は労役中でした。そこへ役人に追われている少年が現れます。彼はユアンの息子タルガでした。母親のために労役を抜け出して薬を持って来たのです。いい子すぎますね。
 労役から抜け出すのは罪ですから、彼はそのまま連れて行かれそうになります。母親のことを思い出したエリンは、思わず役人の前に飛び出してしまいます。別れをさせてあげてと頼むエリンがいいですね。
 役人はエリンの言うことなど聞きません。そのまま行こうとする彼らを今度は竪琴の男イアンが阻みます。イアンはタルガが逃げているときに邪魔したように見えたのですが、何故いまさら手を貸そうとするのでしょう? 結局、イアンは出てきたものの、上司っぽいハガルに目で合図されて素通し・・・。本当に彼は何がしたいのでしょうか。

 エリンは昼間聞いた夜明けの鳥をもう覚えてしまったようです。たった1度だけで・・・。凄いですね。
 イアンはユアンに自分を母親を重ねていたようですね。そんな彼の行動をハガルは注意します。そして彼に命令を下します。イアルは真王に仕えるセザンの一人だということです。
 その彼が調査するのは卵泥棒の一件です。ヌックとモックは実際盗めていないですし、彼らに話を持ちかけた者を見つけ、その背後を探るのが目的でしょうか。
 イアンはいきなりヌックを裏へ連れて行き脅します。ヌックが卵泥棒の話を持ちかけた男のことを白状しようとした瞬間、仮面の男が現れます。
 
 仮面の男とイアンの戦いが始まります。まさかここでこんなシーンがあるとは思いませんでした。仮面の男が美形っぽいのが気になります。
 男を取り逃がしたイアンは再びヌックを詰問します。そこへモックとエリンが現れて、彼女は彼の前に立ちはだかります。エリンはいつも怖いものなしですね。危なすぎです。
 たまたま夜明けの鳥を唄う母親の声が聞こえてきて、イアンが情に流されて去っていったから良かったものの、彼でなければ斬られていますよね。

 失敗続きのイアンはハガルに殴られていました。ちょっと気の毒ですね。彼は人づてにエリンに竪琴を渡していましたので、今後も出てきそうですね。
 そしてヌックとモックはエリンについていってしまいます。なんだか騒がしくなりそうな感じですね。

 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

沙華

Author:沙華
沙華と申します。

ここはつれづれの別館です。

本当は全然別のことをやりたかったのですが、移転候補先になったり、緊急避難所だったりして、いつの間にかうやむやに。

logといいながらほとんど放置で独自路線でやっています。

これってプロフィール欄ですね。なんだか違う使い方のような・・・。

ちなみに名前の由来は本館の何処かにあります。自分でも何処だったかよく分かりません。

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。