--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-28(Sat)

しゅごキャラ!!どきっ 第76話 「新たなる敵!?月夜のバトル!」

 なぎひこになでしこの真似をせがむあむが面白かったです。ある意味残酷ですね。戸惑いながら応じるなぎひこはいい子ですし、わざとたどたどしくしているのは役者ですね。今回もキャラなりはありません。


 前回の恥ずかしいシーン再び・・・。思い出して悶えるあむが面白いですが、隣にはイクトが寝ています。
 
 ロイヤルガーデンでお茶を入れるあむは、イクトのことを考えてやけど。それを見た唯世が優しく声をかけるので、ややとりまがあむを囃し立てます。ややたちがかわいいですね。
 なぎひこは昨日のイクトの事件を見ていたようです。話題はそっちの方に行ってあむは少し助かりましたね。別の悩みが増えそうですけど。

 帰りまで唯世とあむは一緒。いきなりラブラブな2人です。今日の分の愛してるですかーとうろたえるところがいいですね。
 2人が歩いているとココロが空っぽの人に遭遇します。ここでヴァイオリンのA線の音を聞きます。唯世はイクトの仕業と想像しているようですが・・・。家に帰ってイクトに外出したかを確かめて、ほっとするあむがいいですね。

 九十九たちはまだリストラされていないようですね。彼らがイクトを操っていたというのは驚きです。そんな実力ありそうになかったですからね。
 昼間のことが気になった唯世は公園でイクトと出会います。操られているイクトが無駄に格好いいですね。ヴァイオリンが鎌に変形するのが驚きです。

 翌朝、あむが目覚めるとまた隣にイクトの姿がありました。もう妄想中でないと驚きもしませんね。彼の腕の傷を発見するところなどは冷静すぎます。

 イクトの怪我のことを考え込んでいるあむの後を怖い顔の唯世が歩いてきます。彼も脚を怪我しているようです。ここでラブラブシーンがないのが物足りないです。

 ヨルはヴァイオリンが怪しいことに気付いているようですが・・・どうすることも出来ません。

 唯世は、ガーディアン会議で昨日のイクトのことを話します。回想の戦闘シーンがしゅごキャラらしくなくて格好いいのですが・・・。
 あむは思わず声を上げてしまいますが、結局彼のことは言い出せません。話をそらすため、イクトと唯世の関係を訊ねてしまいます。地雷踏みましたね。ここでややが話の流れををぶった切るのがいいですね。珍しく役に立っています。

 イクトのことを言うと唯世に嫌われると思って落ち込んでいるのがかわいいです。そこへなぎひこが現れたのですが、あむは彼になでしこの真似をしてもらいます。本人なんですけどね。なでしこに癒しを求めるあむが面白すぎです。

 ヨルは助けを求めてあむのところへやってきますが、キセキたちに追い回されて逃げ出してしまいます。かわいそうです。ランたちはあむのことを気遣って先回りしてヨルを捕らえます。事情を話して逃げきってもらうことにするつもりなのですが、ランの言い方が酷いですね。これではヨルがかわいそうです。相談拒否ですからね。

 あむはまだなぎひこといました。隠し事について彼に聞いても答えは出ないと思うのですけど・・・。彼女も隠し通そうとしてしまうのでしょうか。
 またあむと唯世は一緒に下校します。祖母のために花を買う唯世がいい子ですね。そんな彼を見て、隠し事は出来ないとイクトがいることを告白しようとしますが、何故かイクトのフォローをしてしまいます。そんな彼女に対して唯世は、「イクトは不幸を運ぶ黒猫なんだ」と悲しそうに応えます。ますます2人の過去が気になりますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

沙華

Author:沙華
沙華と申します。

ここはつれづれの別館です。

本当は全然別のことをやりたかったのですが、移転候補先になったり、緊急避難所だったりして、いつの間にかうやむやに。

logといいながらほとんど放置で独自路線でやっています。

これってプロフィール欄ですね。なんだか違う使い方のような・・・。

ちなみに名前の由来は本館の何処かにあります。自分でも何処だったかよく分かりません。

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。