--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-28(Sat)

獣の奏者エリン 第12話 白銀の羽

 王獣の羽って大きいですね。闘蛇の何倍もの体って・・・。どれぐらいの大きさなんでしょうかね。オオカミの顔に大きな翼というのがちょっと怖いですね。ラストで7色に輝いて飛んでいく姿が格好良かったです。


 ダミアが王宮に戻ってきました。彼がセィミアにかけている言葉を聞いていると口説いているようにしか見えません。真王に話す言葉も丁寧ではありますが、相変わらず何か企んでいるようにしか見えませんね。

 夏の小屋に移動するジョウンたち。ヌックとモックが予想通りへばっているのがいいですね。小屋の周りの景色の良さに感動して坂なのに駆け出すエリンがかわいいです。今回も彼女の好奇心旺盛なところが分かるシーンがいっぱいでしたね。
 埃だらけの部屋を綺麗にしたと思ったら、置いてある箱の中に楽器を見つけて引いてみたり、ドウナガムカデを見つけて捕まえようとしてみたり、楽しそうなのがいいです。結局、バケツをひっくり返して掃除を台無しにするのもかわいいです。
 煙突の掃除中には、森で光るものを見つけて駆けつけていき、王獣の羽を拾って帰ってきます。相変わらずちゃんとしているのだか、していなのだか分からない子ですね。

 彼女が小屋に帰るとカロンがいました。彼はジョウンの後輩のようです。でも、ジョウンは過去のことには触れようとしません。何かよほどのことがあったのでしょうか。
 夜になると、カロンとジョウンの演奏会が始まりました。タテゴトを奏でるジョウンが何だか別人のようですね。彼は教養がある人なのでしょうか。
 ここでエリンがまた才能の片鱗を見せてくれます。一度聞いただけで、タテゴトを引くなんて・・・。ひょっとして天才?
 彼女に刺激されたジョウンは自作の歌を披露しますが・・・。いい歌ですね。楽しそうです。思わずヌックとモックも釣られて踊りだすぐらいに。

 夜明け前、テラスで空を見ていたエリンは王獣が飛んでいるのを見かけます。王獣が輝きながら飛んでいる姿が格好いいですね。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

沙華

Author:沙華
沙華と申します。

ここはつれづれの別館です。

本当は全然別のことをやりたかったのですが、移転候補先になったり、緊急避難所だったりして、いつの間にかうやむやに。

logといいながらほとんど放置で独自路線でやっています。

これってプロフィール欄ですね。なんだか違う使い方のような・・・。

ちなみに名前の由来は本館の何処かにあります。自分でも何処だったかよく分かりません。

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。