--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-09(Sat)

獣の奏者エリン 第18話 教導師エサル

 エリンが何だか育ちの良いお嬢様に見えてしまいました。ちゃんと挨拶ができ、受け答えができ、感謝を忘れないという当たり前のことをしていましたが、それが凄く良かったです。


 エリンたちは、カザルム王獣保護場に入舎ノ試しを受けにやってきました。緊張しているエリンというのが何だか新鮮ですね。ヌックとモックまでついて来ているのもいいですね。従者という感じです。

 特例で受験ということで、エリンに関心が集まっているようです。講義を受けている学童が廊下を歩いている彼女に気付いて振り向いたときに、ちゃんとお辞儀を返しているのがかわいいですね。

 エサルは本当に先生という感じの人でした。カザルム王獣保護場の教導師長ですから凄い人なんでしょうね。
 
 エリンの試験時間は1トなのに彼女は半トで終わらせてしまいます。どれだけ優秀なんでしょう? エサルが彼女の答案をずっと眺めているときはドキドキしましたが、彼女は見事合格しました。しかも飛び級で、年齢相応のところに入れるようです。
 驚きなのは試験結果ではなく、彼女の答案でした。生き物がそこにあることって何だか哲学的ですね。普通の子では考え付きませんよね。

 彼女と同室になったユーヤンは面白い子ですね。他人に垣根を作らないので、誰とでも打ち解けられるところがいいですね。これならエリンも安心ですね。

 ジョウンとの別れは何故か感動しました。跪いて胸のところで手を交差しているエリンがいいですね。リョザ神王国での正式な挨拶なのでしょうか。彼女の話す言葉にはジョウンへの感謝の念で溢れていて良かったです。ジョウンが決して彼女の前で涙を見せず、王獣保護場を出た後に泣いていたのも格好いいです。

 ヌックとモックはそのまま王獣保護場に残るのですね。ただ働きでもエリンの側にいたいって・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

沙華

Author:沙華
沙華と申します。

ここはつれづれの別館です。

本当は全然別のことをやりたかったのですが、移転候補先になったり、緊急避難所だったりして、いつの間にかうやむやに。

logといいながらほとんど放置で独自路線でやっています。

これってプロフィール欄ですね。なんだか違う使い方のような・・・。

ちなみに名前の由来は本館の何処かにあります。自分でも何処だったかよく分かりません。

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。