--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-10(Sun)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第6話 『希望の道』

 ドクター・マルコーとの出会い、リゼンブールでのオートメール修復と今回も早い展開です。


 リゼンブールへ帰る2人の見送りはヒューズだけです。しかし、護衛としてアームストロングが付いてきます。アルは羊と一緒。なんだかかわいそうですね。

 途中の駅でアームストロングはドクター・マルコーを見つけます。あれだけあからさまに呼ばれたら後ろ暗くなくても逃げますよね。マルコーの話を聞いたエドは彼と一緒にマルコーを探しにいきます。途中下車していていいのでしょうか?
 マルコーはマウロと名乗っているようですね。彼の家を訪れると激しく拒絶されます。話を聞けとアルを投げるアームストロングが面白いですね。

 マルコーはイシュヴァールから脱走したときの話をし、賢者の石の研究をしていたことを明かします。これにはエドも興味津々です。研究資料を見せてくれるようエドは彼に頼みます。マルコーはイシュヴァールを思い出し拒絶します。エドは禁忌を犯したことを明かしてまで資料を見せるよう食い下がりますが、彼の意思は変わりません。

 エドたちはそのまま駅に戻ってきました。不完全品でも無理矢理取り上げることができたとアームストロングはいいますが、マルコーは街に必要だとあっさりしているのがいいですね。アームストロングも出会ったのはマウロという医師だけと返すのも格好いいです。
 そんな彼らのもとにマルコーが現れ、資料の隠し場所を記したメモを渡します。部屋に帰ったマルコーをラストが待ち構えていました。彼がどうなるのか気になりますね。

 ウィンリィとピナコのところにエドたちが戻ってきました。ピナコばあちゃんが小さくなったねえと言うのが面白いですね。バラバラのオートメイルを見て叫ぶウィンリィもかわいいですね。彼女はエドが少し大きくなったのに気付いているのがよく見ていていいですね。
 1日も早くセントラルに帰りたいという彼らに3日で何とかするというピナコたちが格好いいですね。彼らを大事に思っているのがよく分かります。

 エドは母親の墓参りに。アームストロングはピナコからエドたち、そしてウィンリィのことを聞きます。ピナコがアームストロングを夕食と宿を提供するというところがいいですね。
 悲しいエドの過去を聞いたアームストロングは、帰ってきた彼に抱きつきます。いつもながら感動の仕方が大げさですよね。

 エドの右腕を直しているウィンリィにちょっかい出しているエドがかわいいですね。居ても立ってもというよりソワソワしている感じです。
 完成したオートメイルを装着するシーンもいいですね。ウィンリィがかわいいです。直ったらすぐアルを修復して、鍛錬しているのがいいですね。

 夜、アルがウィンリィとピナコに感謝するところがいいですね。できた子です。翌朝、エドたちは徹夜続きのウィンリィに別れも告げず去ろうとします。彼女がちゃんと起き出して手を振っているのが何だかいいですね。
 
 後でちゃんと起きたウィンリィはエドのオートメールの部品が1つ残っているのに気付いて・・・。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第6話 「希望の道」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [DVD]クチコミを見る ☆<5/08更新>前回、鋼の錬金術師(第5話 「哀しみの雨」)の感想をポットキャストにて収録! 「スカーの登場の仕方が許せない」、「演出全般の質について」、「作画が良く動いていた!!」等、アニメブロガー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

沙華

Author:沙華
沙華と申します。

ここはつれづれの別館です。

本当は全然別のことをやりたかったのですが、移転候補先になったり、緊急避難所だったりして、いつの間にかうやむやに。

logといいながらほとんど放置で独自路線でやっています。

これってプロフィール欄ですね。なんだか違う使い方のような・・・。

ちなみに名前の由来は本館の何処かにあります。自分でも何処だったかよく分かりません。

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。