--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-17(Sun)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第7話 『隠された真実』

 本の虫シェスカが良かったですね。読んだ内容を全部覚えているなんてどれだけ有能なの。でも、本人はドジっ子っぽいのがかわいいです。


 マルコーに示された国立中央図書館第一分館は燃えてしまっていました。ラストの仕業みたいですね。エドのがっかりした声が面白いです。

 スカーはネズミの動きからグラトニーの接近を知ります。そこまでは良かったのですが、ラストが突っ込んで来て・・・。どうなったのか気になりますね。
 マール川の爆発の報を受けてマスタングたちが駆けつけるとスカーの服が見つかります。ハボックは休みなしでスカーの死体を捜せと言われています。落ち着いてデートできないっていうマスタングが駄目発言ですね。どうやらスカーは逃げたようです。ハボックが気の毒です。

 エドたちの護衛はアームストロングから、ロス少尉たちに代わりました。エドたちが訪れたのシェスカという女性のところです。第一分館で働いていた女性のようです。本好きすぎなかわいい女性ですね。仕事も忘れて本を読んでいてクビになったって・・・。
 彼女にマルコーの資料のことを尋ねますが、焼け落ちた後なので、エドたちはがっかり・・・。しかし、シェスカは全部内容を覚えているとか・・・。凄い人ですね。
 彼女が模写したのは、今日の献立1000種。錬金術の本には見えないですが、エドは満足そうです。シェスカもびっくりの金額を謝礼で与えて、彼らは戻ります。
 錬金術の悪用を恐れて本は暗号化されているらしいです。書いた本人にしか分からないのを根気のいる作業で解読していくって・・・。大変そうですね。

 やはり、2人はへとへとになっていました。マルコーに聞いたら負けって・・・。いじっぱりですね。そこへシェスカが現れて、みんなでへこんでいるのがいいですね。アルが彼女を励ましているのがいいですね。何かに一生懸命になれるのはそれだけで才能・・・本当にそうだと思います。
 ヒューズが現れて第一分館が焼けて大変だと愚痴を言っています。上手いことシェスカの働き口が見つかってしまいました。

 10日目にやっと本の謎が解けましたが、エドたちが激しく怒っています。聞けば賢者の石1個精製するのに人間の命が複数必要だとか。悲しい話ですね。
 2人はそれ以来ずっとホテルに籠りっ放しです。禁忌を犯した自分たちに救いはないという諦めに似た空気が流れます。そこへアームストロングが現れ、激しくドアを叩き開けます。彼に言い寄られたらロスたちではどうしようもないですね。

 エドたちはアームストロングの言葉をヒントにまだ裏があると感じ真実を探り始めます。なにはともあれ復活してよかったです。彼らは軍の施設を調べ始めます。とりあえずはアームストロングが調べるので動くなということです。
 釘を刺されても動いてしまうのがエルリック兄弟です。当たり前のように忍び込んでいますね。そんな彼の動きを囚人たちは気づいているようです。使われていないはずなのですが、どういうことなのでしょうね。突然エドが襲われたところで今回はおしまいです。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第7話 「隠された真実」

鋼の錬金術師 vol.13 [DVD]クチコミを見る ☆<5/15更新>前回、鋼の錬金術師(第6話 「希望の道」)の感想をポッドキャストにて収録! 「原作準拠という事の意味」、「ウィンリィの心の描写が足りなかった?」、「作品への愛が感じられる作品とは?」等、アニメブロ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

沙華

Author:沙華
沙華と申します。

ここはつれづれの別館です。

本当は全然別のことをやりたかったのですが、移転候補先になったり、緊急避難所だったりして、いつの間にかうやむやに。

logといいながらほとんど放置で独自路線でやっています。

これってプロフィール欄ですね。なんだか違う使い方のような・・・。

ちなみに名前の由来は本館の何処かにあります。自分でも何処だったかよく分かりません。

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。