--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-30(Sat)

獣の奏者エリン 第21話 消えそうな光

 王獣一直線なエリンが凄いなあと思うと同時にちょっと心配にもなりますね。王獣しか見ていない彼女には驚きます。


 エリンが幼獣の世話をするという話はカザルム学舎中を駆け巡ります。いろんな噂が流れていますね。それだけ凄いことなのでしょう。それまでやっていた優秀なトムラに代わってというのもあるかも知れません。ユーヤンが直接聞きにいくところがいいですね。一緒に勉強できなくなることを心配していた彼女が少しかわいいです。

 今回もトムラは不機嫌そうでした。エリンを妬んでいるような雰囲気ですね。下級生の前ではそれなりに取り繕うところはさすがですが。
 トムラがエリンにコネがどうとか言い出したときは器の小さい子だなあと思ってしまいました。しかし、寝食を忘れてリランの世話をするエリンの姿や彼女の王獣に対する思いを聞いてからは随分態度が軟化しましたね。彼もリランが大事なことには変わりないのですから。

 エリンは、上から差す光を嫌がるリランを見て、母親の翼の下にいるときのように下から光を当てたらと考えます。トムラの後押しもあり獣舎の壁板をはがしてみると・・・。
 リランは鳴き声をあげ、何かを訴えます。しかし、エリンはなす術もなく・・・。泣き出したエリンにびっくりしました。リランに応えられないことを嘆くところに王獣への思いの深さが感じられますね。

 何とか自分の思いをリランに伝えようとする彼女は竪琴に思い当たります。部屋が2階なのに壁をよじ登って取りに行く彼女に驚きますね。それよりもユーヤンの寝言の方が面白かったですけど。
 竪琴を取ってきたエリンが奏でるのはいつもの夜明けの鳥です。しかし、リランは何の反応も示しません。
 そして翌朝。竪琴を毛布の下に隠して音を出してみると・・・。リランは鳴き声を上げ始めました。母親の翼の下で聞く音によく似ていたからなのでしょうか。またエリンの絶対音感が発揮されましたね。うれし涙を流すエリンがよかったです。

テーマ : 獣の奏者エリン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

沙華

Author:沙華
沙華と申します。

ここはつれづれの別館です。

本当は全然別のことをやりたかったのですが、移転候補先になったり、緊急避難所だったりして、いつの間にかうやむやに。

logといいながらほとんど放置で独自路線でやっています。

これってプロフィール欄ですね。なんだか違う使い方のような・・・。

ちなみに名前の由来は本館の何処かにあります。自分でも何処だったかよく分かりません。

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。