--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-06(Sat)

 イアルが出てくるとトムラが全く目立たないというか、今回同行した意味があったのか疑問ですらあります。


 エリンは竪琴を改造して王獣の鳴き声を再現することを思い立ちます。音で母親だと思わせてリランとコミュニケーションが図れると考えたからです。彼女らしい考え方ですね。
 エサルはそんな彼女の好きにやらせることにしたようで街にいくことを許可します。王獣保護場から出て大丈夫なのでしょうか? ヌックとモックが御者で、トムラが同行します。

 彼女が訪ねたのは、以前竪琴を直してもらったヤントクの店でした。折角来たのにヤントクは仕事で出る予定があり、明日まで戻らないということです。ここでヌックとモックがエリンのために土下座して頼むのがいいですね。結局、エリンたちは留守番代わりに工房を貸してもらえることになりました。

 イアルは真王を狙った男の仮面の出所を調査していました。もう動いて大丈夫なのでしょうか。波止場で彼は仮面の男たちに襲われます。2人がかりなのに互角以上なイアルが格好いいですね。
 戦っているときにイアルがハガルに指導を受けていたころを思い出しているのも良かったですね。ちびイアルがちょっとかわいいです。ハガルはよほど彼にとって忘れがたい存在なのでしょう。
 仮面の男たちを退けたイアルは傷口が開いてしまいます。かなりきつそうですね。

 イアルはエリンの竪琴の音に引き寄せられるようにヤントクの工房の方に足を進めます。すぐ近くまで来たときに彼は力尽きてしまいました。
 音に驚いたヌックとモックは外に出て彼をみつけます。続いて出てきたエリンは彼を見るなりイアルだと認識します。以前尋問を受けていたヌックとモックが気付かないのがなんとも・・・。目覚めたイアルがエリンにすぐに気付かないのもちょっとおかしいですけどね。16話のときに彼はエリンを見ているような気がするのですけど・・・。

 竪琴を改造しようにも、大好きな音色が出なくなるのはエリンにとっては辛いことのようです。彫刻刀を持つ手に迷いがありますね。そんな彼女にイアルはためらうなといいます。「命を救うためにはためらっていてはいけない時がある」とイアルが彼女を諭すところがいいですね。
 竪琴を作ったイアル本人の指導で手を入れるのですから上手くいかないはずはありませんね。

 学舎に戻ったエリンはリランの前で竪琴を弾こうとしますが、これで失敗したらとまたためらっています。ここでイアルの言葉を思い出すのがいいですね。

 リランがエサを食べるようになってよかったです。これで一安心かと思えば、予告では不安な言葉が出てきているのが気になりますね。

 イアルの回想と真王サイドのお話がだんだんと不穏な感じになっているのも気になります。

テーマ : 獣の奏者エリン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

沙華

Author:沙華
沙華と申します。

ここはつれづれの別館です。

本当は全然別のことをやりたかったのですが、移転候補先になったり、緊急避難所だったりして、いつの間にかうやむやに。

logといいながらほとんど放置で独自路線でやっています。

これってプロフィール欄ですね。なんだか違う使い方のような・・・。

ちなみに名前の由来は本館の何処かにあります。自分でも何処だったかよく分かりません。

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。