--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-20(Sat)

獣の奏者エリン 第24話 嘆きの歌

 仲の良かった兄弟がお互いの進むべき道が異なったとき、理解し合えず袂を分かつというのは寂しいものがありますね。


 今回はエリンがあまり出ません。ほとんどシュナンとヌガンのお話でしたね。ヌガンは捻くれた子かと思っていましたが、意外に真っ直ぐでいい子でしたね。どうしてもシュナンよりに見てしまうので、最後は分からず屋な感じに見えますけど。

 主役のエリンは、相変わらず王獣に夢中です。ずっと獣舎で寝泊りしているのですね。この日は昼近くまで寝ていました。トムラ先輩が起こしに来たとき、お腹を鳴らしながら寝ているのが面白いですね。トムラ先輩が昼食を作ってもってきているのがちょっとかわいかったです。エリンに気があるように見えますが、彼女はそんなことはお構いなしに酷いことを言っていますね。

 大公領では、ずっと戦争が続いていました。真王領の人たちは呑気そうにしているのに大きな違いですね。
 大公の求めに応じ、ダミヤは医術師を派遣するのはいいのですが、花を贈るのは何だか違いますよね。彼は口では世情を嘆くふりをして、その実、火種を振りまいているようにしか見えません。

 ヌガンは真王を守るため、戦場に早く出たいようですが、大公にまだ早いと言われて怒ってしまいました。それをなだめたのは戦場から戻って来たシュナンでした。
 ヌガンが兄を凄く慕っているのがいいですね。兄弟が仲良いのはいいことです。小さい頃2人で木を植えて共に歩むことを誓ったところが良かったです。

 ダミヤの使者の態度が最初から大公領の人たちを馬鹿にしていてちょっと嫌な感じですね。面白くないはずなのにシュナンが表面上は取り繕っているのが頑張っているなあと思いました。

 戦況を変えるために大公はこちらから攻め入ることを決めます。シュナンは兵たちが疲れていることを知っているので危惧しているようですね。
 そこへヌガンが現れ、再び大公に怒られます。またシュナンがなだめるパターンかと思っていたのですが・・・。
 国を変えようと思うシュナンと今の姿が正しいと考えるヌガンは対立してしまいます。そしてお互いに剣を交えて・・・。

 シュナンとヌガンの戦闘シーンが結構長くて驚きました。力で押すヌガンを上手くいなして辛くもシュナンが勝利します。これからどうなるのでしょうか。エリン置き去りですし。


テーマ : 獣の奏者エリン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

沙華

Author:沙華
沙華と申します。

ここはつれづれの別館です。

本当は全然別のことをやりたかったのですが、移転候補先になったり、緊急避難所だったりして、いつの間にかうやむやに。

logといいながらほとんど放置で独自路線でやっています。

これってプロフィール欄ですね。なんだか違う使い方のような・・・。

ちなみに名前の由来は本館の何処かにあります。自分でも何処だったかよく分かりません。

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。