--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-08(Sat)

♯10 ガンダム鹵獲作戦

 初めてのソレスタルビーイングのピンチらしいピンチということで面白そうではありますが、フェルトとロックオンの動向ばかり気になってしまうのはどうしてでしょうか。結局ハレルヤとナドレに全部持っていかれましたけど・・・。

 いきなりルイスの着物姿、後からついてきたのは沙慈。帰れというルイス母に言われています。前途多難ですね。これはこれで緊張感ありますが、宇宙ではもっと大変なことになっています。ガンダムを鹵獲する作戦だと看破するスメラギ。ピンクの機体がアレルヤの前に現れます。

 ティエレン・タオツーの毒々しい機体がキュリオスに迫ります。アレルヤは恐慌状態です。彼の叫び声にセルゲイは以前であったガンダムマイスターと同一人物だと気付きます。そして彼はピーリスと同じだと・・・。捕らえられるキュリオス。

 キュリオスはそのまま人革連の船に収容されます。ティエリアがそれに気付きますが、そのまま攻撃しようとします。容赦ないですね。それを阻むようにティエレン・タオツーがヴァーチェに攻撃を仕掛けます。
 鹵獲されたキュリオスはコックピットを開けられようとしていましたが、ここでアレルヤが覚醒します。内部から輸送艦を破壊して脱出します。

 このままでは終われないセルゲイは標的をヴァーチェに変更します。パイロットとして上手のセルゲイにあっという間に身動き取れなくされてしまいます。それでも粘り続けるティエリアが始めて格好いいと思いました。
 タオツーに迫られてさらにピンチを迎えたとき、ティエリアはヴァーチェの装甲をパージしてその場を凌ぎます。それでも追い詰められたことと、計画に狂いを生じてしまったことに彼は不満そうです。責任感が強すぎるのでしょうか。それにしても彼が叫んだヴェーダって何でしょうか?

 ヴァーチェの活躍によりセルゲイが撤退してようやくプトレマイオスは落ち着きを取り戻します。今回は痛み分けみたいですね。
 撤退するセルゲイの部隊にキュリオスが迫ります。ハレルヤをピーリスが迎え撃ちます。切れた彼を阻むことはできません。ピーリスとセルゲイを失うことを恐れたミン中尉は2人に割って入ります。ハレルヤは暴走を続け、ミン中尉のティエレンをなぶり続けます。アレルヤがとめることでようやく止まるハレルヤ。

 パージされたヴァーチェの姿はナドレというみたいですね。

 また間違えたと嘆くスメラギとガンダムマイスターの不完全さを嘆く留美。結構事態は深刻だったみたいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

沙華

Author:沙華
沙華と申します。

ここはつれづれの別館です。

本当は全然別のことをやりたかったのですが、移転候補先になったり、緊急避難所だったりして、いつの間にかうやむやに。

logといいながらほとんど放置で独自路線でやっています。

これってプロフィール欄ですね。なんだか違う使い方のような・・・。

ちなみに名前の由来は本館の何処かにあります。自分でも何処だったかよく分かりません。

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。