--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-12(Sun)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第15話 「東方の使者」

 今回からようやく新展開です。リンのあつかましさがいいですね。ただ、彼が自分の部族を守るためになりふり構っていられないと言っていたのは格好良かったです。


 コマンチとスカーの戦闘シーンからスタートです。なんだかソウルイーターを思い出してしまいました。そして新OPです。メイ・チャンがかわいいですね。

 そのメイ・チャンは行き倒れのところをヨキに拾われていました。すぐに出て行けというスカーですが、メイは彼の体を練丹術で治します。スカーの腕の刺青も練丹術に基づくようです。スカーの兄は両方共研究していたようですね。メイでないですけど凄いですね。それにしてもメイが抱くエドのイメージが美化されすぎです。

 ホークアイはバリー・ザ・チョッパーに襲われていました。あっさり撃退されていますけど。彼の体に驚きもしないのは、アルフォンスの存在があるから。それにしてもブラックハヤテ号のエピソードって今回のお話でありましたっけ?
 彼は捕まってマスタングのところへ連行されて尋問されていました。マスタングが最後にヒューズのことを聞くときだけ声のトーンが下がっているのが彼の思いを表していていいですね。

 エドはウィンリィのところで壊れた腕を応急措置していました。彼らが街を歩いていると行き倒れたリンと出会います。思わせぶりに練丹術のことを話しているのに、リンが練丹術師ではないと言うところが面白いですね。彼の目的は賢者の石のようです。エドは知らないと誤魔化しますが、彼には通用していません。

 知っていると分かったら、リンはいきなり脅しをかけてきます。力ずくで情報を聞き出すようですね。ランファンたちが繰り出すシンの体術を目の当たりして、師匠より大したことないと言っているわりに、エドは苦戦していますね。
 だんだん慣れてきて、エドはリンを馬鹿にするという心理戦を仕掛けて仮面を取るところまでは良かったのですが、反撃されてエドは生き埋めです。一方アルはわりとあっさりと勝っているのが面白いですね。エドがやられたフリをしてランファンを捕らえるのが面白いですね。

 街の人が押しかけてきて街を壊した責任を問われている間にフーとランファンが逃げ出してしまいます。右手の壊れたエドの代わりにアルが街の修理を言い出します。アルは記憶を取り戻したことで、練成陣なしに錬金術を使えるようになっています。エドの立場が全くないのが面白いですね。

 エドが戻ってくるとリンが何故かいました。彼はシンの王子だそうです。その後継者争いのために錬金術が必要なのだそうです。それにしても王子や王女いっぱいいすぎですね。
 そこへウィンリィが帰ってきて、壊れた右手のことでまた怒られているのが面白いです。彼女はエドと共にセントラルへ行くと言い出します。何故かリンもついてくるようです。
 そしてスカー、ヨキ、メイも旅立っていました。 

 次回の舞台がセントラルということは、エドたちはヒューズの死を知ってしまうのですね。何だかかわいそうです。


テーマ : 鋼の錬金術師
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第15話 「東方の使者」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [DVD]クチコミを見る セントラルへ向かうスカーとヨキの前に謎の少女、メイが現れる。「錬丹術」という不思議な術を使う彼女は東の大国・シンから、不老不死の法を求め、アメストリスへやって来たと話す。一方、機械鎧の修理のためラ...

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第15話「東方の使者」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [DVD](2009/08/26)朴叙ミ美釘宮理恵商品詳細を見る 今週より新章に突入! シン国からの新しいキャラが増えたことでど...

【鋼の錬金術師】やっぱっぱーやっぱっぱーいーしゃんてん FA15話

 いよいよ新章。つーか本当に1年で全部やるんでしょうかね?本編そこまでに終るの?00みたいに分割で半年-半年、間半年インターバルの方...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

沙華

Author:沙華
沙華と申します。

ここはつれづれの別館です。

本当は全然別のことをやりたかったのですが、移転候補先になったり、緊急避難所だったりして、いつの間にかうやむやに。

logといいながらほとんど放置で独自路線でやっています。

これってプロフィール欄ですね。なんだか違う使い方のような・・・。

ちなみに名前の由来は本館の何処かにあります。自分でも何処だったかよく分かりません。

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。