--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-25(Sat)

獣の奏者エリン 第29話 獣の牙

 リランは女の子でした。そういえば何となく優しげな顔つき…。でも、そんなリランが今回の騒動の中心です。獣と人は分かり合えるのか?


 ジョウンの死の悲しみはある程度乗り越えたと思っていたのですが、まだまだエリンは沈んでいますね。しかし、夏休みも終わり、みんなが戻ってきたのでそうも言っていられません。ただ、こういうときにユーヤンがいるのは大きいですね。エリンの気も何となく紛れそうです。

 リランは女の子だそうです。ちょうど大人の毛に生え変わりだそうで、ところどころ抜け落ちてかわいそうな姿になっています。そんなリランの毛づくろいをしようとエリンはヌックとモックに特製特大の刷毛を発注します。

 エリンに扱えるのかなと思うぐらい大きな刷毛ですね。彼女はそのまま王獣舎に入り、リランの毛を整えます。彼女との信頼の証か、寝始めるリランに見守る級友たちは感嘆の声をあげます。
 エリンにも油断があったのでしょう。彼女が梳かすときに刷毛が引っかかってしまいます。驚いたリランは思わず牙を彼女に立ててしまいます。これにはびっくりしましたね。

 首筋にかけて噛まれたので、まかり間違えば命を失っていたかも知れません。エサルは彼女にリランに触れることを禁止します。そして音なし笛の使用を命じます。それでも彼女は受け入れません。折角掴みかけた信頼が失われることを恐れたからです。
 指示に従わないエリンにエサルは遺書を書けといいます。一見冷たいようですが、彼女は責任ある立場なので仕方ないですね。それでも、前回一緒にジョウンの思い出を辿った仲にしては少々冷淡な言い草ですね。

 エサルに逆らってリランの獣舎にやってきたものの、エリンは中に入ることができません。ユーヤンがそんな彼女の相談に乗っているのがいいですね。エリンにとって彼女の存在は大きいですね。

 部屋に飛び込んだボールを取りに行ったエリンは、自分のベッドの周りに転がる品々を見て、これまでのリランとの思い出を回想します。そしてジョウンやソヨンの言葉も……
 自分が間違っているのかも知れない、そう思ってしまうエリンですが、やはりリランと心を通わしたいという彼女の願いの方が大きかったようです。彼女は再びリランと向き合うことにします。本当の意味でリランと分かり合えたら素敵ですね。

テーマ : 獣の奏者エリン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

沙華

Author:沙華
沙華と申します。

ここはつれづれの別館です。

本当は全然別のことをやりたかったのですが、移転候補先になったり、緊急避難所だったりして、いつの間にかうやむやに。

logといいながらほとんど放置で独自路線でやっています。

これってプロフィール欄ですね。なんだか違う使い方のような・・・。

ちなみに名前の由来は本館の何処かにあります。自分でも何処だったかよく分かりません。

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。