--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-22(Sat)

♯12 教義の果てに

 ぱっとしないヒロイン、マリナ・イスマールがいっぱい出ています。何でもないことなのにちょっと感動しました。彼女が出るということは、シーリンもいっぱい出ているわけで、エウレカで根谷ボイスにはまった私としては嬉しい限りです。

 今回はアザディスタンのお話です。刹那の故郷クルジスとは因縁のあるマリナの国。なんだかここもややこしい国のようですね。保守派と改革派に超保守派。ありそうでなさそうな嘘っぽい中東情勢。ラサーと呼ばれる保守派の大物が拉致されることで物語が大きく動きます。

 しかし、そんなことよりも、今回の見所は沙慈です。なんと言っても沙慈ですね。アレルヤの奇行とロックオン×フェルト、沙慈×ルイスが目下の重点視聴項目でありますので、今回は外せません。
 ルイスの協力があったとはいえ、彼女の母を篭絡してしまいました。しかも変な方向に・・・。意外と侮れませんね。

 本編はいつもの情けない姫様としっかりした侍女を中心に進みます。回想でマリナとラサーが出てくるところがあります。マリナを王女に即位するという件がありますが、その前はじゃあ何なのと非常に気になります。ラサーは袂を分かちましたが、保守派をまとめ、紛争にならないように抑制することが目的で、本来は親マリナ派みたいです。何かよくあるパターンですね。そんな彼が拉致されてこっそり泣いているマリナ。泣くより前にすることがあるでしょうと思いましたが、後でもっとそう思いますのでここでは止めです。

 ラサー不在でタガの外れたアザディスタンは内戦の危機を迎えます。議会は裏でユニオンと通じていました。これをユニオン側が受けた理由というのがガンダム。これだけで莫大な費用がかかる派兵という行為を簡単に行えるというのは、どういう国なんだろうかと思ってしまいます。グラハムのおもちゃなんでしょうか?

 当然ソレスタルビーイングも紛争といえば駆けつけます。しかし、地上にいるのは刹那とロックオン兄さんだけです。刹那は留美に協力して現地の調査に赴いたはずですが、いつの間にかエクシアに乗って戦っていました。おまけにまた過去がフラッシュバックして暴走します。正直よくわかんない子ですね。ラストも「オレは・・・ガンダムになれない」って・・・。

 一方ロックオンはいつものように格好よく射撃の腕を見せ付けていましたが、グラハムに避けられ後半はグデグデです。なんだがグラハムがラスロットに乗ったスザクのように見えました。どうでもいいことですが・・・。

 内戦を引き起こしてしまったということと、ソレスタルビーイングの介入を許したということで泣き崩れるマリナ。種の某ヒロインとは違って凄くなよよかです。泣いてるより・・・と思っていたら、シーリンがちゃんと渇を入れてくれました。やはり彼女は凄いです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

沙華

Author:沙華
沙華と申します。

ここはつれづれの別館です。

本当は全然別のことをやりたかったのですが、移転候補先になったり、緊急避難所だったりして、いつの間にかうやむやに。

logといいながらほとんど放置で独自路線でやっています。

これってプロフィール欄ですね。なんだか違う使い方のような・・・。

ちなみに名前の由来は本館の何処かにあります。自分でも何処だったかよく分かりません。

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。