--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-05(Sat)

獣の奏者エリン 第34話 イアルとエリン

 イアルが格好良かったですね。彼も4年間の間に成長しているような感じです。見た目は変わらないですけど。変わらないと言えばシュナンもほとんど変わっていないですね。なのにセィミヤは大人っぽくなっていました。


 ラザルから送られてきた怪我をした王獣を早速キリクが毒殺しようとしているのが…。リランを狙っているのかと思っていたのでドキドキしていました。
 エリンは苦しむ王獣を診て、チチモドキの毒ということを突き止めます。においを覚えているのは凄いですね。見立てもきちんとしていますし、すっかり一人前ですね。キリクがしれっと何も関係ないという顔で、2、3日が峠だと忠告するのが凄いですね。

 王宮にはシュナンがやって来ていました。セィミヤがまたかわいくなっていますね。しかし、真王も彼も離れたところで警護しているイアルたちも見た目はほとんど変わりませんね。ということは真王は別として、彼らはそれなりの年齢だということなのでしょうか。
 王都でも毒騒ぎです。セィミヤの毒見役のナミがこれまたチチモドキの毒に倒れてしまいました。ここでのシュナンとイアルのやり取りが面白いですね。イアルが冷静に分析しているのがいいです。

 イアルとエリンは別々に解毒薬を求めて王都へ。何だか上手い再会フラグですね。薬屋にはサイ・ガムルの仮面の男が先に到着してあわやという感じだったのですが、なんとかイアルが間に合いました。2人が戦っているところでエリンも到着です。
 イアルが仮面の男を追い払って店に戻りますが中は無茶苦茶です。それでもエリンは散らかった中から解毒薬となる草を見つけ出すのが凄いですね。またにおいで分かったとか。絶対音感に続いて絶対臭覚でもあるのでしょうか。
 エリンがイアルに声をかけても彼が人違いだと言っているのが気になりますね。彼女からカザルムの事件を聞き、危険を感じた彼はヌックとモックを囮に彼女を護衛していく策を立てます。
 
 ヌックとモックの演技がわざとらしいのですが、見事にサイ・ガムルは引っかかりますね。セ・ザンの方が上手ですね。
 イアルはエリンを護衛している理由として、王獣が毒殺されれば真王の権威が失墜すると言っていますが、それだけではないですよね。

 サイ・ガムルもこのままでは引き下がりません。橋を落として足止めです。それだけかと思ったら迂回して来た吊橋のそばに伏せてエリンたちを狙っています。ここでエリンが鳥の動きがおかしいことに気付いたのは大きいですね。サイ・ガムルが潜んでいるのを知ったイアルは明かりを消して弓で反撃します。4年前と違って今回は完勝ですね。
 危険が去ったところで、イアルがようやくエリンのことを名前で呼ぶのがいいですね。セ・ザンと知り合いだということでサイ・ガムルに利用されかねないので、彼は敢えて知らないふりをしていたようです。格好いいですね。

 無事カザルムに薬を届けてこれで一安心です。イアルはキリクを見てどこかで会ったような気がしていますが、以前戦ったサイ・ガムルが彼なのでしょうか。

 王都ではナミも無事回復していて良かったです。

テーマ : 獣の奏者エリン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

沙華

Author:沙華
沙華と申します。

ここはつれづれの別館です。

本当は全然別のことをやりたかったのですが、移転候補先になったり、緊急避難所だったりして、いつの間にかうやむやに。

logといいながらほとんど放置で独自路線でやっています。

これってプロフィール欄ですね。なんだか違う使い方のような・・・。

ちなみに名前の由来は本館の何処かにあります。自分でも何処だったかよく分かりません。

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。