--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-10(Sat)

獣の奏者エリン 第39話 闘蛇の襲撃

 確かにこういうのは何度も起こったら大変ですね。大罪と言われるだけのことはあります。エリンはまるで王祖ジェのようでしたね。


 久々に大公の子どもたちが出て来ましたね。シュナンとヌガンは未だわだかまりを残したままです。ヌガンの方から折れることはもうないでしょうね。シュナンが現われなければ大公を殺害していたでしょうし。

 真王は水路で帰るようです。御座船を見ようと自然観察を提案するトムラたちが面白いですね。カリサには自重を促しておきながら、トムラたちには許可を与えたのは学童たちが望んでいることと知っていたからでしょうね。喜ぶ中にシロンが混ざっているのがいいですね。

 最初出てきたときはちょっとひねた子だったのにシロンが一番ノリノリなのがおかしいですね。望遠鏡とは用意がいいです。学童たちと教導師が見守る中、御座船が現われます。
 楽しそうでいいなあと思っていると、だんだん雲行きが怪しくなってきました。サイ・ガムルが闘蛇で襲ってきたのです。
 この窮地にエリンはリランで飛ぶことを決意します。キリクが止めに入いり、利用する者が出てくると忠告して止めようとするのがいいですね。一瞬改心したのかと思いました。
 御座船の中は大混乱です。イアルたちが頑張っているシーンこそありましたが、かなり危ない状況ですね。

 エリンが駆けつけたときはすでにいろいろと遅かったのかも知れません。真王は頭をぶつけて意識不明ですからね。
 結果的にはリランの力で闘蛇倒したのですが、ジェのときのように暴走して地獄絵図です。
 闘蛇に襲われて死んだ母と状況が被っているのと、目の前の人を救わずにはいられないエリンの性格から、リランを飛ばさずにはいられなかったのでしょうが、彼女にとってはいいところはありませんよね。これから彼女を取り巻く状況が激変しそうで心配です。

テーマ : 獣の奏者エリン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

沙華

Author:沙華
沙華と申します。

ここはつれづれの別館です。

本当は全然別のことをやりたかったのですが、移転候補先になったり、緊急避難所だったりして、いつの間にかうやむやに。

logといいながらほとんど放置で独自路線でやっています。

これってプロフィール欄ですね。なんだか違う使い方のような・・・。

ちなみに名前の由来は本館の何処かにあります。自分でも何処だったかよく分かりません。

 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。